人気の高いプチ整形施術【ボトックス注射の効果をリサーチ】

注目して初めてわかる

注射

奥深い施術の全て

食べ物を食べると顎の骨を動かしていき、適切な動きをしていても長年の使用で骨だけでなく顎の筋肉にも歪みが生じてきます。歪みが生じるとアセチルコリンが分泌されやすくなるので、顎にエラとして発現する現象が多くの症例で確認されています。この働きに直接的に関与して治療するためには、ボツリヌストキシンを注射で投与する方法が最適で各医療機関では積極的に採用されています。メリットとして注目されているのは施術時間の短さで、どんなに長くとも10分以内には終わるので忙しい人でも簡単に受診できます。さらに受診後のダウンタイムの短さにも定評があり、刺激を伴う行動を患部に与えなければ当日からメイクや入浴さえもできます。術後の筋組織も緩やかな変化に終始しており、ボツリヌストキシン注入後1週間以上3週間未満の期間をかけて筋肉が縮小していきます。なので他人にはダイエットで顔が細くなった様にしか見えない程の自然なクオリティーに仕上がる点が特徴的です。主にこういった美容目的でボトックス効果施術を受診する方が多くいますが、間接的に顎関節症防止にも効果があるので健康目的で受診する方もいます。受診すれば他人の目に付く歯ぎしりも改善できるので、マナーに深く関係のある癖がある方は受診可能性の是非を医師に相談しましょう。視覚的な美容の悩みを元に受診を検討している方は、エステティックラインを元にしてボトックス効果施術の受診を検討しましょう。エステティックラインは横顔から見た額から顎にかけたラインの事で、ボトックス施術で特に良く修正できるのは眉間とほうれい線と腮のラインです。中でも眉間は眉の感情表現が豊かになるので、小顔効果だけでなく顔の見栄え的にも一段上の仕上がりになります。さらに眉間はボトックス効果を有した薬品の注入量を少なく見積もる医師が多いので、小さな変化を美容整形に求めている方に特にお勧めです。よってボトックス効果のある施術は費用が安価に抑えられている事例が多く、平均して1回当たり5000円から8000円前後に落ち着いています。使用する薬剤は安全性の観点からアメリカ産のボトックスを使用している場合が多く、ボトックス効果持続可能時間も長い特徴が注目されています。専門機関によっては、エランセと呼ばれているボトックス効果のある別の注入薬品を使用するケースもあります。こちらは美容成分で体内組織の歪みを解決するので、どちらが良いか医師の判断を交えて施術方法を決定していきましょう。

Top