人気の高いプチ整形施術【ボトックス注射の効果をリサーチ】

安全性が高い美容治療

看護師

理想の自分を手に入れよう

薬品の中には厚生労働省から承認された種類が存在し、これらは日本人で臨床試験が行われ、品質管理レベルも厳格に設定されています。よってボトックスを利用時には、受診する病院が認可されているボトックスを使用しているかどうかを聞いておくと、最大限の効果を期待できます。承認されたボトックス効果の特徴は、治療後2日前後で筋肉の弛緩作用が現れ始め、2週間以上が経過すると完全にスマートなラインになってきます。この筋弛緩作用は多角的に筋力に作用する効果があるため、表情筋を使いすぎてできたシワも一定以上の改善が見込める効果を有しています。ボトックス効果を長く持続させるためには、専門機関で継続的に注射してもらう事が有効ですが、短期的な集中治療でも十分にシワやエラを改善できます。この場合は徐々に自然なラインになっていくので、理想の体の変化するイメージが確立されている方は、医師と相談し投入量を調整してもらいましょう。特にボトックスは承認を受けている薬品の中でも、いくつか生産国の違いから効果に多少のバリエーションが存在しています。なので使用するボトックスを変えれば、よりカスタム性の高い形で筋弛緩作用を期待できます。中には広範囲の筋組織に影響を及ぼす物もあるので、受診する病院で投入されるボトックスを確認する事前準備もお勧めです。一番人気のあるボトックスは体の複数部位に対して投入できるタイプで、日本人対象の臨床試験の影響もあり非常に安全性の高い施術が受けられます。ただし効果の持続性とコストの釣り合いや安全性の問題から、一度ボトックスを受診すると再度の受診は3か月以上時間を空ける必要があります。この一点だけを注意すれば、施術受診後の過程で日常生活に影響がでる要素が存在せず、受診後に化粧をする事さえできます。また強い刺激を与えなければ、受診後当日に洗顔を含めたシャワーや入浴もできるので、医師の説明をよく聞いておきましょう。ただし受診後は顔に若干の赤みが現れる事もあるので、受診希望時間の推移としては仕事帰りの時間が一番多くなっています。こうする事で他人にしられる事なく受診できるため、予約時の参考資料として留意しておきましょう。シワの改善に役立つ投入場所がわからない方は、医師の事前カウンセリングを利用し施術計画を確実な物にしてください。またボトックス効果が消失すれば前の施術結果を無視した再受診ができ、この点も医師に相談して決められるので積極的な相談がお勧めです。

Top